新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

あわっ子文化大使育成プロジェクト

あわっ子文化大使育成プロジェクト
123
2019/01/07

あわっ子文化大使活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:一般
 本年度、後半のあわっ子文化大使の活動を報告します。
 
 9月15日(土)あわ文化PRプロジェクト4(鳴門コースの実施)
 あわっ子文化大使と高校生サポーターで企画したコースの内「鳴門コース」を実施し、観光ガイドの方より「あわ文化」のPRの仕方を学びました。
〈あわっ子文化大使が考えたガイド原稿〉
~藍染め体験~
・藍は台風の前に収穫できることや、吉野川の洪水が、収穫後の藍畑に上流の肥沃な土を流入させるという点から徳島で生産されるようになりました。ー途中略ー
 藍で染めた色は美しく、防虫や脱臭の効果もあります。藍染めは、同じ色も柄も作れません。個性を出して、自分だけの作品を自由に作ってみてください。
~大谷焼~
・ー前半略ー大谷焼で大きなかめを作るときは、二人一組で行う「寝ろくろ」という手法が使われます。一人が床に寝て、足でろくろを回し、一人が形を作っていきます。二人の息がぴったりと合わないとできない伝統的な作り方です。
 また、「水琴窟」と言われるものがあり、これは、かめの中に水滴が落ちるときに、琴のような音がすることからこう呼ばれています。耳を澄ませば、美しい音色を聞くことができますよ。
~鳴門の渦潮~
・鳴門の渦潮は世界最大級の大きさです。床のガラスの上から見る渦潮は、スリルと迫力満点です。また、「渦の道」から見る景色もとても美しいです。
 「大鳴門橋架橋記念館エディ」では、大鳴門橋のつくりや歴史を学ぶことができます。さらに、渦潮のでき方や世界のいろいろな渦潮を学ぶこともできます。プロジェクションマッピングを体験できる場所もあり、鳴門の渦潮を再現しています。ぜひ、一度体験してみてください。
 
     藍染め体験         大谷焼絵付け体験

 10月6日(土)ツアーガイド事前研修会
 講師の方よりご指導をいただき、モニターツアーに向けてのアナウンス練習やツアー用のガイド原稿の作成を行いました。
 ツアーガイドを行うときのポイントを分かりやすく教えていただき、発声練習などにも楽しみながら熱心に取り組むことができました。
 
     ガイド研修           原稿作り

 10月27日(土)あわ歴史・文化体験ツアー(モニターツアー)の実施
 あわっ子文化大使がツアーガイドとして、モニターツアー参加者を案内しました。
自分たちが企画したコースを自分たちが作成したガイド原稿で紹介しました。
 実施後に参加者の方からいただいた感想は、あわっ子文化大使の今後の活動の励みとなるものでした。
  
   藍染め体験     「琵琶の滝」でのガイド  「渦の道」でのガイド
 
 11月17日(土)高校生野外文化フェスティバル
 第38回近畿高等学校総合文化祭徳島大会において行われた発表の中から「和太鼓」「吟詠剣詩舞」「ダンス」「合唱と器楽管弦楽の演奏」をリニューアルオープンした「すだちくん森のシアター」で披露していただきました。
 あわっ子文化大使は、高校生の日頃の文化活動の発表の場で、運営スタッフとして活躍しました。

      和太鼓の披露

 11月18日(日)第3回ジュニア浄瑠璃フェスティバル
 今回で3回目となる「ジュニア浄瑠璃フェスティバル」で、受付や司会などスタッフとして活動しました。
 また、中・高校生が演じる人形浄瑠璃を鑑賞し「あわ文化」を継承していくことの素晴らしさを実感しました。

       会場受付

 11月25日(日)第4回徳島県中学校総合文化祭
 中学生の文化の祭典である「徳島県中学校総合文化祭」にスタッフとして参加し、
受付や会場案内を行い、文化祭のスムーズな運営に貢献しました。

       会場受付
08:49 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
123